2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6月です

連日の暑さが続きますが
6月です

こなつは3歳になりました

2014-6-9-01.jpg
お祝いはいつも通りウェットフード

2014-6-9-02.jpg
さんごが途中から取られちゃうのもいつも通りです

2014-6-9-03.jpg
だってこなつの誕生日やし


記念日を迎える度に
出会えたご縁と
ぼろぼろだった小さい体で無事に育ってくれたこと、
懐かしく嬉しく思います

来月はさんごの誕生日(のはず)
どうか、ふたりが元気に3歳を過ごせますように


ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加中です♪



‐‐‐‐‐‐‐‐
こなつさんご、
4月より私の実家に帰省しております

ふたりの負担を考えると長距離移動はさせたくなかったのですが、
やむを得ない事情により、
頑張ってもらうことになりました

実家の家族にも可愛がられ、幸いふたりとも元気に過ごしています

スポンサーサイト
[ 2014/06/09 ] こなつ | TB(0) | CM(2)

波乱万丈の一ヶ月

今年はどんどん涼しくなって、
すっかり秋になりましたね
(関西はまだ時々暑いのかな?)

残暑はまだまだ続くだろ~と疑ってかかっておりましたので
衣替えが延び延びに…気をつけないと風邪を引きそうです

今月はこなつの病院通いが多く、何かと心配な一ヶ月でした

2013-9-30-01.jpg

こなつの粟粒性皮膚炎を詳しく調べるため、
麻酔を打って右腕の皮膚を少~しだけ切り取ることに

どうせ麻酔が避けられないのなら、と一緒に歯石とりをお願いしたのですが、
予想外に大変だったのはこちらのほう。
なんと、左奥歯の上下が抜歯という結果になってしまいました

一歳になる少し前から口臭がし、歯肉が腫れていたのは分かっていたのですが、
薬を貰っても、止めたらすぐに再発してしまうし、
何よりぼりぼりご飯は食べられる…

東京に来てからは、
「食事がしっかり食べられるなら、過剰な治療はかえって体に負担をかける」というお医者さんの説明を受け、
できる範囲のお口ケアで様子見の状態が続いていました
(病院でも何度か診てもらいました)

ところが、麻酔下で改めて歯石を取ってみると、左の奥歯がぐらぐらになっていたとのこと。

もっと早く歯石とりをしてあげれば歯は抜かなくてよかったのか…
でも、麻酔はやっぱりつらいだろうし…

と色々考えてしまいました



麻酔後を見るのは本当に苦手です

お迎えの時間になっても、まだ少し麻酔が残っていたようで、
視線はふらふらするし、体はぶるぶる震えているし…
それでも、私の顔を見たら「帰れる!!」と思ったようで、
よろよろしながらバッグに入ろうとして…

治療のためとはいえ、
どれだけ不安だったんだろうと思うと、
可哀想で申し訳なくてたまりませんでした




そしてしばらくはエリザベスカラー生活

一瞬着ける分にはちょっとかわいいのですが、
本ニンは不便やし、擦れて痛いようで、
首に小さなハゲが…

右腕のキズもかなりくっついてきていたので、
念のためいじらないよう包帯を巻いて、カラーを外してあげました
(病院で巻いてもらった包帯はあっという間に放り投げてしまいました)

ところがそれがまた悲劇に…

最近では珍しく、朝~夕方まで外出して帰宅すると、
いつも玄関に迎えに来るこなつが来ない

抜歯のあとが痛んで寝てるんかいな?と思いながら、
夕飯の支度をするも、
魚を焼く臭いにもねだりにこない(ありえない!!)

ちょうど薬も飲まないといけないし、変だな?と思って起こしに行くと、
右腕がぱんぱんに腫れているではありませんか!!!

通常の2倍くらいに大きくなって、まるで肉まん。もしくはかぼちゃ。
何?どうしたん?傷口からバイキンが入ったん?

慌てて病院に電話するも休診日でつながらず、
救急病院に連絡し、こなつをキャリーに入れようとしたところで、
いつもの病院から折り返しの電話が。

包帯がからまったことによる、うっ血だったようです

すぐに包帯を解いて、
翌日右腕は普段の1.3倍ほどの大きさに戻り、
病院でも「まったく問題ないでしょう~」とは言ってもらいましたが、

何故帰宅した時点ですぐに確認してあげなかったのか、
そもそも何故カラーを外したりしたのか、
申し訳なくて、涙が止まりませんでした

***


こなつを拾って2年、
私はこの子を育てることは、放っておいたら死んでしまったであろうこの子を助けることだと思っていました

でも、命を預かるということは、
助けることもできるかわりに、
自分次第で傷つけたり、殺してしまうこともあること

生き物を飼うということが、どれほど幸せで、どれほど恐ろしいことか、
身にしみて実感した一ヶ月間でした

そして同時に、やっぱりすごい!と思うのは、
どんなときでも、食欲を失わない生き物の力

歯が減ってしまっても、麻酔のあとでも、腕がぱんぱんになったって、
少し休めば、その日のうちに食欲が復活するこなっちゃん
心配する私に、ご飯をねだって励ましてくれました

この強さ、見習わねば…!!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

今はもう元気やで♪



[ 2013/09/30 ] こなつ | TB(0) | CM(2)

まいぶーむ。


何をしているかというと…

2012-7-1-02.jpg
こなつ、水を飲んでいます
(鏡に映っています)

最近は蛇口から直接飲むのがこなつの中で流行っているようです

暑いので飲み水用のお皿は3つ置いているのですが、
どのお皿も無視されるので困ってしまいます( ̄Д ̄;;


2012-7-1-03.jpg
お皿のお水も、おいしいのになぁ


ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加中です♪
[ 2013/07/01 ] こなつ | TB(0) | CM(0)

こなつ、2歳になりました。

今月はこなつの誕生日でしたので
ウェットフード(奮発して今回は二種類)でお祝い

基本的にカリカリごはんの我が家では
時々しか出ないご馳走です(*^^*)


2013-6-20-01.jpg
いつも通りの、すごい勢い…


2013-6-20-02.jpg
こなつ選手、あっという間にお皿が空になっていきます


2013-6-20-03.jpg
ここで、さんご選手の残りを狙った!


2013-6-20-04.jpg
さんご選手、いさぎよく試合を辞退しました


2013-6-20-05.jpg
結局、2袋目はまるまるこなつ選手のものに…

早食い選手権を開催したわけではないんですが笑
ウェットを出すと毎回こんな感じですね


偶然とか運命とか、
言葉は色々ありますが、
本当にご縁があったとしか考えられないタイミングで私と出会ったこなつ

「リスですか?」と動物病院の待合室で尋ねられるほど
ガリガリの小さな体に尻尾ばかりが長くて、
育つかどうか、ハラハラしていました

こうして無事に2歳を迎えられて、
本当に良かった

そして、誕生日を迎えると思うことは
猫の寿命は私たちよりずっと短いから
こなつさんごと一緒に暮らせる時間が
また一年、減ってしまったんだなということ

嬉しい気持ちと、寂しい気持ちと入り混じる誕生日を迎え、
改めて、
この幸せな毎日を、大切に大切に暮らしたいと思うのでした



20111112_0000000016.jpg
ふたりとも長生きしてね~(*^^*)




ブログランキング・にほんブログ村へ

来月はさんごの誕生日♪




[ 2013/06/20 ] こなつ | TB(0) | CM(4)

アイロン中…

結婚してから増えた日課のひとつに

アイロンがけがありますが、

こなつさんごの反応はというと…

2013-4-24-01.jpg
なんやねん

2013-4-24-02.jpg
また撮るん?

2013-4-24-03.jpg


アイロン中、ずっとアイロン台の下にいるこなつ…

当初は全く気づかず、

足にふにゃんとしたお腹があたってめっちゃびっくりしました


2013-4-24-04.jpg
新手のどっきりなんやって




ブログランキング・にほんブログ村へ

ランキング参加中です♪




[ 2013/04/24 ] こなつ | TB(0) | CM(3)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。